Jtb COmmunication DesignG-MAC Conference SeriesG-MAC

第23回日本国際金融システムフォーラム2022〜持続可能な成長に向けた金融機関の挑戦とデジタルテクノロジー〜

参加お申し込み Registration

<Workshop Sponsors>

<Supporting Organizations>

FIX TRADING COMMUNITY

Japan Cyptoasset Business Association

<Media Partners>

FinTech Journal


お問い合わせ

Contact us

日本国際金融システムフォーラム
事務局

株式会社JTBコミュニケーションデザイン内
Tel: 03-5657-0667
E-mail: jibsis@jtbcom.co.jp
担当: 高坂

  • 金融をめぐる諸課題-金融DX、気候変動、地域金融-
  • 野村グループのデジタルイノベーションへの取り組み
  • ウォール街がついに本気に!ビットコイン、ウェブ3.0など米国最新事情と日本が進むべき道
  • セキュリティートークン(ST)市場構築に向けた展望と課題を探る

基調講演


金融をめぐる諸課題-金融DX、気候変動、地域金融-

金融庁 
総合政策局長
松尾 元信 氏


野村グループのデジタルイノベーションへの取り組み

野村ホールディングス株式会社
執行役員 未来共創カンパニー長
池田 肇 氏


ウォール街がついに本気に!ビットコイン、ウェブ3.0など米国最新事情と日本が進むべき道

クラーケン・ジャパン
CEO
千野 剛司 氏


パネルディスカッション

セキュリティートークン(ST)市場構築に向けた展望と課題を探る

株式会社BOOSTRY
CEO
佐々木 俊典 氏


大阪デジタルエクスチェンジ株式会社
代表取締役社長
朏 仁雄 氏


東海東京証券株式会社
執行役員 投資銀行カンパニー STOセンター担当
武井 孝夫 氏


日本FIX委員会共同委員長
パイングローブ・リサーチ代表
松原 弘 氏


開催概要

猛威を振るった新型コロナウィルスの影響がようやく沈静化し、経済活動が再開されようとしていますが、世界はもはや以前と同じではありません。
更なるデジタル化の進歩によって、金融機関にとってはあらゆる業務分野でのデジタル化が求められ、金融機関の経営さらには金融システム全般の変革が求められています。
また世界的なSDGsへの関心の高まる中、日本が今後も成長してゆくためには、グリーンファイナンスなどの新たな成長分野への投資も求められています。
このような環境の中、今回のフォーラムでは今後の日本及び金融機関の成長に求められるものは何か、業務、経営と最新のテクノロジーの視点から専門家の方々に、ご講演いただきます。

 

名 称 第23回日本国際金融システムフォーラム2022
〜持続可能な成長に向けた金融機関の挑戦とデジタルテクノロジー〜
会 期

2022年3月17日(木) 9:15~18:30 【オンラインで開催】

参加対象

金融機関(銀行、証券、保険、資産運用会社、年金基金等)の経営層及び情報システム、情報セキュリティー、リスク管理、監査・法務、経営企画、清算・証券決済業務、資産運用、ディーリング・トレーディング業務の部門長、マネージメント層の方々及び規制当局、中央銀行、清算・決済機関等の方々

参加費

金融機関(運用会社、年金基金含む)
 無料
金融機関以外
 5,000円(税別)/人
 2名以上でのお申し込みの場合4,000円(税別)/人

※事前のご登録が必要です。

参加定員

400名

参加方法

オンライン ライブ配信

※本フォーラムは会場(御茶ノ水ソラシティーカンファレンスセンター)からのオンラインでのライブ配信となります。視聴方法はお申込み後、会期前にご案内いたします。

※視聴環境の共有はできません。視聴いただくには事前登録が必要です。

主 催

株式会社JTBコミュニケーションデザイン(G-MAC)