株式会社ICSコンベンションデザイン
株式会社ICSコンベンションデザイン
第3事業部 営業5課
〒101-8449
東京都千代田区猿楽町1-5-18
千代田ビル
Tel: 03-3219-3561/Fax:03-3219-3628
Email:gmac@ics-inc.co.jp







サブプライムローンに端を発した世界同時株安もようやく落ち着きを取り戻し、世界の市場は再び活気を取り戻そうとしています。グローバル化した市場の中で、情報技術の進歩は市場参加者により競争力を求め、持続的な経済発展のために日本市場もより一層の対応が迫られています。
一方で今回のような世界同時金融危機が二度と発生することが無いように、金融システムには透明性や適切なリスクマネジメントも同時に求められています。
「第11回日本国際金融システムフォーラム2010」では、日本市場における証券業界及び銀行/投資信託業界を取り巻く規制緩和、金融改革と電子取引の最新動向、投資戦略について第一線で活躍される専門家の方々に解説していただきます。

会議テーマ


  • 金融庁が語る!日本の金融・資本市場の展望(基調講演)
  • 東証が語る!日本市場の展望とは?(基調講演)
  • 東証arrowhead稼働を迎えて、進む市場構造変化(パネルディスカッション)
  • 拡大する代替執行市場と流動性への期待
  • HFT(高頻度取引)、フラッシュオーダーと取引市場
  • 迫る、IFRSの適用と日本企業への影響
 
プログラム 
   
9:30-10:00
受付
10:00-
10:40

基調講演I: 金融・資本市場に係る制度整備について(仮題)

金融庁 総務企画局 市場課 市場機能強化法令準備室長 青戸 直哉 氏

10:40-
11:20

基調講演II: 東証arrowhead稼動に伴う今後の日本市場の展望

株式会社東京証券取引所 常務執行役員 深山 浩永 氏

11:20-12:30
ランチブレイク
12:30-
13:15
ワークショップ セッション A ワークショップ セッション B
A1

効率的な情報の融合−金融機関におけるより能動的なリスクマネジメント施策について

インフォシステクノロジーズリミテッド
シニアエンゲージメントマネージャー 
ニテッシュ・バンガ

全ての金融機関が直面している課題は、内部システム環境から生まれ続けるデータと外部チャネルからの多様な情報の効率的活用によるより有効なリスクマネジメント戦略と認識しております

  1. 数多くのITシステムに関わらず、“正しい”情報を参照する為に多くの人手による作業が介在されていると感じますか。
  2. 意思決定/リスクヘッジの為に情報を“正しく”分析する為に、必要以上の労力がかかっていると感じますか。
  3. より能動的なリスクマネジメントの為に、より多くの事前アラートが必要だと感じますか。

本セッションは、上記課題の解決の為の包括的な情報管理フレームワークの活用によるより効果的な意思決定/リスクマネジメント施策について提言させていただきます。

B1

クラウド・コンピューティングによる金融系システム構築の実践

株式会社ファイテックラボ
代表取締役社長 松島 利幸

この3年余りの間に、クラウド・コンピューティングが瞬く間に広まり、業務システムの開発、デリバリー、運用を根本から変えつつあります。
アプリケーションが物理的な制約から解き放たれて、サイバー空間上の浮遊物として存在しえる下地ができる一方、金融系システムにおける高度なSLAに足る技術と手法はまだ確立途上にあるのです。
現状のクラウド技術を用いつつ、堅牢な金融システムを構築する手法について論じていきます。

13:25-
14:10

ZLT-29West’s Zero Latency Tour (The Race to Zero)
パネルディスカッションと最新のトレーディング基盤技術活用の実践及び事例紹介

アジア初の29West Zero Latency Tourを東京で開催決定! ロンドン、ニューヨーク及びシカゴで大好評のZLTをお見逃しなく!


A2 ZLT:プレゼンテーション

全米第3位DirectEdge証券取引所の事例紹介と最新テクノロジー活用によるHigh Frequency Trading System構築方法

29West Inc.
社長兼創設者 マーク・マホワルド
インテグレーション&コンサルティング・ディレクターボブ・ヴァン・ヴァルザ

DirectEdge証券取引所の最新の導入事例のご紹介と、ハイパフォーマンストレーディングで如何にメッセージングシステムが重要な鍵を握るかについてご紹介致します。また、既存のハードウェア活用によるROI最大化の秘策及び障害に強いハイパフォーマンスシステムの構築方法を最新のハードウェア事情を踏まえてご紹介致します。

B2

海外プロジェクトに学ぶ、金融機関のIFRS対応と考慮点

日本アイ・ビー・エム株式会社
アプリケーション開発事業
金融アプリケーション開発
理事 石谷 啓造

IBMでは、IFRS導入をきっかけとする経営管理、業務改革、それに伴うシステム改修対応など、様々な領域でお客様のプロジェクトをご支援させていただいております。
当講演では、ヨーロッパ、アジア等の国々にて培った経験をもとに、IFRS対応の主な検討ポイント、IBMがご提供可能なソリューションについてご紹介させていただきます。

14:20-
15:05

A3 ZLT:パネルディスカッション

トレーディング基盤テクノロジーのグローバルトレンド

29Westでは、金融業界のエキスパートをお招きしてパネルディスカッションを開催致します。SOR、アルゴ取引システム、クロッシングエンジン、電子証券取引所及びマーケットデータ配信基盤システムを含むトレーディングテクノロジーのグローバルな動向をテーマとし、日本市場に対するインパクトとチャレンジについて参加者の皆様方からお話を伺います。

パネリスト:
明治大学 ビジネススクール・グローバルビジネス研究科教授 木村 哲 氏
株式会社大和総研 情報技術研究所 ニューヨーク情報技術センター長 中島 尚紀 氏
クレディ・スイス証券株式会社 株式本部プログラム・トレーディング部長 ディレクター 
濱田 智彦 氏
SBIジャパンネクスト証券株式会社 代表取締役社長 福士 光徳 氏
29West Inc. 社長兼創設者 マーク・マホワルド

モデレーター:
WinDo's 代表 ITアナリスト 今津 美樹 氏

B3

金融分野におけるクラウドコンピューティング最新動向と活用方法

オラクル・コーポレーション社
グローバル フィナンシャル サービス インダストリー チーフ テクノロジスト
アミール ハルフォン

クラウドコンピューティングはITシステムにパラダイムシフトを起こし、従来型システムでは実現できなかった迅速かつ自動化されたサービスの提供を可能とした。 このクラウドコンピューティングの利用方法の確立は金融業界においても最重要課題の一つである。本セッションでは、ニューヨークの金融機関におけるクラウドコンピューティングの最新動向を交えてその活用方法とサンのプラットフォームの優位性について紹介する。

15:05-15:25
コーヒーブレイク
15:25-
16:10
A4

高速化処理に向けたミドルウェアソリューションの重要性

株式会社インテリジェントウェイブ
金融ソリューション開発部 部長
立野岡 健一

日本の取引所処理が欧米並みに高速化する中、証券会社のシステム売買を中心にしたフロントシステムの高速化対応の内容により収益格差が生まれようとしています。そのような状況下において、本講演では、ディーリング・トレーディングシステムにおいて求められる高速化処理を実現する上で、メッセージングミドルウェア(RIX AGENT、LBM)を用いたシステムアーキテクチャについて事例を交えご紹介致します。


B4

人間の反応速度の限界を越える取引と今後のアルゴリズム取引のインフラ環境

サイベース株式会社
プロフェッショナルサービス本部 本部長
原 利明

東証アローヘッドでは5ミリ秒の売買注文が実現し、コンピュータを活用する機会が増えています。アルゴリズム取引はそのひとつで、欧米市場では既に売買高の6-7割を占めており、日本でも同様の傾向が予想されます。
アルゴリズム取引の基盤には低遅延な取引システムが必要なのはもちろん、過去データの分析も重要です。
本講演では、リアルタイムにデータを処理する超低遅延技術(CEP)とヒストリカル・データを論理圧縮して高速集計する技術をご紹介します。

16:20-
17:05

A5

HFT(High Frequency Trading:高頻度取引)と代替執行市場の拡大
- 東証arrowhead稼動後の市場に向けたフィデッサのプロダクト戦略

フィデッサ本社 
戦略部門担当ディレクター スティーブ・グロブ
株式会社フィデッサ
マーケティング部統括部長 松原 弘

2010年1月の東証arrowhead稼動は、日本の証券業界にとって金融ビッグバン以来の転換点となり、日本株執行市場の構造変容をもたらすだろう。本セッションでは、MiFID以降、流動性分断化が進行した欧州市場の状況を解説した上で、日本市場がこれから迎える状況を分析したい。併せて、そうした市場の変化に対する、フィデッサのプロダクト戦略について提言する。

B5

OMS/OEMSの次なる潮流 ;
オールインワンの資産運用管理システム

チャールズリバーデベロップメント
リレーションシップマネージャー ビクター・バティスタ

日本の運用機関では、恒常的にフロント・ミドルオフィスで複数のシステムが使われてきました。マルチアセット・マルチカレンシーに対応し、業務プロセスをフルレンジで自動化するシングルプラットフォームの資産運用管理システムが業界の新しいトレンドとなった昨今、大手の資産運用会社を中心にOEMS(注文及び執行管理システム)に移行する動きがあるものの、未だに資産別のシステム導入の事例が多々見受けられるのも事実です。
本セッションでは、日本の運用機関が直面しているフロントオフィスシステムの課題を紐解くと共に、ポートフォリオ管理や投資判断サポート、コンプライアンスチェック、注文・執行管理、電子取引、ポストトレードプロセス、収益率計算、要因分析、リスク評価と言った資産運用業務を包括的にサポートする最先端のシステムをご紹介します。

17:05-17:30
コーヒーブレイク
17:30-
18:30

パネルディスカッション:
進む日本株式執行市場の構造変化 -東証 arrowhead稼動を迎えて

パネリスト:

株式会社東京証券取引所 常務執行役員 深山 浩永 氏
カブドットコム証券株式会社 執行役 PTS推進室長 / 日本FIX委員会 共同委員長 石川 陽一 氏
SBIジャパンネクスト証券株式会社 代表取締役社長 福士 光徳 氏
りそな銀行株式会社 アセットマネジメント部 チーフトレーダー 平塚 崇 氏
野村アセットマネジメント株式会社 エクイティー・トレーディング部 部長 
長岡 広伸 氏
シュローダー・インベストメント・マネージメント(シンガポール)リミテッド Head of Japanese Trading 望月 実千 氏

 

モデレーター:

日本FIX委員会 
共同委員長/株式会社フィデッサ マーケティング部 統括部長
松原 弘 氏

 

 

会場

ロイヤルパークホテル
〒103-8520 東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1 
TEL: 03-3667-1111

アクセス
http://www.rph.co.jp/access/index.html

 

会場


事前申込は締め切らせていただきました。
ご参加ご希望の方は、会場の当日受付までお越しください。
満席のためお申込いただけないセッションもございますので、予めご了承ください。

●参加費

□金融機関1名様 : \20,000
□金融機関2名様以上:  \16,000(1名様あたり)
□ベンダー企業1名様:  \35,000
□ベンダー企業2名様以上: \31,500(1名様あたり)
※上記には会議資料、ランチブッフェ、コーヒーブレイクが含まれております。
□会議資料1セット:  \8,500(送料・梱包料込み)
※上記料金には5%の消費税は含まれておりません。

お支払い方法
お申込の際にご登録いただいたご住所宛に、請求書を郵送致します。
お支払いは請求書到着後10日以内(休祝日除く)に請求書に記載された口座までお振り込み下さい。

キャンセル・返金規定
ご出席できない場合、代理の方の出席が可能です。会議ご出席キャンセルの場合には、以下に定められた日付に従ってご返金致します。

 ・ 2月3日までに書面にてご連絡いただいた場合:手数料10%を引いた登録料をご返金致します。
 ・ 2月4日以降にご連絡いただいた場合:返金できません。後日資料をご送付致します。

*ご返金は会議終了後とさせていただきます。
*止むを得ない理由のためプログラム内容、講演者を変更する場合や、開催地及び開催日を変更、
  また中止する場合もございますのでご了承下さい。


お問い合わせ

株式会社ICSコンベンションデザイン 第3事業部 G-MAC部
〒101-8449 東京都千代田区猿楽町1-5-18 千代田ビル
TEL 81-(0)3-3219-3561 FAX: 81-(0)3-3219-3628
E-mail gmac@ics-inc.co.jp

*上記日程・会場・テーマ・アジェンダは変更になる場合がございます。
*ランチブレイクにはブッフェをご用意いたしております。
*英日同時通訳をご用意しております。

↑上に戻る